眼科美浜クリニック&海浜幕張眼科 基礎知識 皆様に愛される眼科クリニックをめざしております。
contents サイトマップ

HOME
眼科美浜クリニック
海浜幕張眼科
佐倉整形外科病院眼科診療部

リンク
募集

眼について
花粉症
眼の症状
眼科疾患
まぶたの病気
結膜の病気
涙器の病気
角膜の病気
ブドウ膜の病気
眼底の病気
神経の病気
水晶体の病気
硝子体の病気
眼圧の病気
斜視
弱視
外眼筋の病気
屈折異常
調節異常
色覚異常
光覚異常

眼鏡とコンタクトレンズ

樹徳会TOP
眼科疾患
涙器の病気
鼻涙管狭窄 涙嚢炎
 
   ドライアイ
どんな病気 原因 涙はどこから 症状 治療
診断 予防法 目薬 最後に
       
鼻涙管狭窄
 鼻涙管狭窄(閉塞)とは鼻涙管が詰まる病気を言います。鼻涙管がつまると、涙は鼻へ抜けることが出来なくて涙嚢に溜まりますから、目頭の涙嚢の所を指で押さえると、ねばい液が眼の方に逆流します。この溜まった粘液に細菌が感染すると、膿が逆流してしまいます。涙は、涙腺で沢山作られて目頭にある小さな孔(涙点)から涙小管を通って涙嚢(るいのう)に入り、さらに鼻涙管を通って鼻へ抜けています。涙は、鼻へ勢いよく流れていますから、涙は出ていないように見えるのです。この鼻に抜ける通路のどこかが細くなったり、詰まったりすると、涙が顔にあふれ出るようになります。
▲topへ
涙嚢炎
 膿が出るようになったものを慢性涙嚢炎といいます。この治療として、鼻涙管に針金(ブジー)を入れて詰まった鼻涙管を拡張する事もあります。鼻の骨を削って、小さい孔をあけて鼻の粘膜と涙嚢とをつなぐ涙嚢鼻腔吻合術をしなければなりません。しかし、この手術をしても約10%の人では 粘膜が再生して、また詰まってしまいます。
▲topへ
ドライアイ
 人の目には、まぶたと涙があります。「まぶた」によるまばたきは、黒目(角膜)や白目(結膜)の表面に涙を均一に分布させ、ゴミなどを流し去る働きをもっています。
ドライアイは、涙液の減少あるいは質的な変化により、眼の表面に障害を生じる疾患です。涙が足りないと涙の役割が低下するので、眼は乾いて傷つきやすい状態となり、重症になると眼の表面に「無数の傷」がついている場合もあります。
【その結果】
目が痛くなる
目が疲れる
まばたきが増える
白目が充血する    といった症状がでてきます。
▲topへ
【原因】
 涙はまばたきによって網目状の薄い膜となり、いつも眼の表面を覆って乾燥あるいはゴミや細菌などから眼を守っています。しかし、ドライアイになると涙液が異常になるために、眼の表面を十分に保護できなくなり、眼が乾くのです。涙が不足したり質が悪くなる原因には、眼の病気やある種の薬の影響があげられますが、健康な人でも年齢と共に涙は少なくなりますし、夜間やストレスが高い時も少なくなります。
 一方、涙は十分にあっても、まばたきが少なかったり
部屋が乾燥しているとドライアイになりやすく、また、コンタクトレンズやアレルギー性結膜炎は、ドライアイと深く関係していると言われています。全身の病気の一症状としてドライアイを起こしてくることがあります。その代表的なものとして、シェーグレン症候群という病気があります。これは、涙を分泌している涙腺が徐々に破壊されて涙の分泌量が減少する病気です。また、涙腺だけでなく睡液腺(つばが作られる器官)も破壊されるので唾液(つば)の分泌が低下し、パンなどを食べる時に、水分が必要になることもあります。そのほか、慢性関節リウマチや膠原病に合併してくることもあります。 また、糖尿病もドライアイを引き起こす病気の1つです。精神安定剤やその他のさまざまな薬によっても涙の量が減ることがあります。
 また、目薬の種類や点眼回数によってドライアイが起こることもあります。新しい薬を飲み始めたり、新しい目薬をさし始めてから、目が乾く・疲れるなどの症状が出た時には、一度主治医の先生に相談してみることも必要でしょう。
▲topへ
【涙はどこから】
 涙は、涙腺と呼ばれる組織から分泌されます。涙腺は上まぶたの外側の骨の後ろにあります。普通のヒトでは、1日に2〜3mlの涙が分泌されると言われています。涙には外から入ってくる細菌を攻撃する働きや黒目(角膜)に栄養を運ぶ働きがあります。涙腺から分泌された涙は、目の表面を潤して、役割を終えた後に、上下の「まぶた」の鼻側にある涙点とよばれる排水口から流れ出ていきます。さらに鼻の奥に流れていき、そこの粘膜から再吸収されます。泣くと涙が鼻からでてくるのは、鼻の粘膜から涙の再吸収が追いつかないで溢れてしまうからなのです。
▲topへ
【症状】
 ドライアイの症状は、同じ程度の状態でも、人によって感じ方はさまざまです。
代表的なものとしては、
目の乾き
ごろごろした感じ
熱い感じ
充血
目の疲れなどがあります
 また、夕方になると充血がひどくなつたり、まばたきが増える人もいます。冬場の暖房により症状が悪化したりしますが、湿度の高い梅雨の時期や、入浴すると調子がよくなります。
これらが
ドライアイの特徴です。
▲topへ

【治療】
 治療は、症状や状態によって一人一人異なります。
【目薬】
 一般的に、軽いドライアイの場合は、少なくなつた涙を補充する目的で人工涙液と呼ばれる、涙とよく似た成分の目薬を必要に応じて使います。この場合も、さまざまな種類の人工涙液があり本人にもっとも合ったものを探していく必要があります。また、乾燥感が強く点眼回数が増える場合には、防腐剤の入っていない点眼薬を選択するなどの工夫も必要です。


【軟膏】
 さらに、黒目(角膜)や白目(結膜)の表面に傷があり、まばたきをすると異和感・痛みがあるといった場合には、潤滑剤として眼軟膏をいっしよに使う場合もあります。


【重症】
 そのような治療をしても効果のない重症のドライアイの場合には、少しでも残っている本人の涙を少しでも長い時間、目の表面にとどめておくために涙の排水口を閉じてしまう治療をします。


【眼鏡】
 その他の治療法として、涙の乾きを抑えるために特別に開発された眼鏡をかけるという方法もあります。

まずは本人がどの程度のドライアイなのかを眼科医に診察してもらい、「どの治療法が最適であるのか?」を判断してもらうことが 先決です。

▲topへ
【診断】
 まずは、涙の量が正常かどうかをみるために、涙の分泌量を測定します。(シルマーテスト、綿糸法)それと同時に黒目(角膜)や白目(結膜)の表面に傷がないかどうか、さらに涙が目の表面をきれいに覆っているかを顕徹鏡を使って検査を行います。そのほかにも血液検査などをする場合もあります。
▲topへ
【予防法】
 日常生活では、少し気をつければ眼の乾きを軽くすることができます。
ワープロ、コンピューター作業は休憩が必要
リラックスを心掛け、眼が疲れたら休ませましょう。
・なるべく上の方を見ない
テレビやワープロの両面は、眼より下方に置くようにしましょう。両面は、眼より下に置く。ときどき眼を休ませる
・見やすい環境を作る
机は直射日光を避けて、ワープロなどの両面は照明が反射しないように。照明が反射している画面は眼が疲れる
・部屋の湿度を保つ
加湿器やぬれタオルを干すなどして保湿に注意しましょう。冷暖房の効いている部屋は眼が乾きやすい。
▲topへ
【目薬】
眼科を受診し 医師の処方した目薬をさす
症状が強い場合や長びく場合は、眼に傷がついているおそれがあります。眼科を受診し、医師の指示に従ってください。
・市販の目薬をさす
診察の結果、軽症のドライアイであれば、医師の指示によって市販されている目薬をさせばよい場合もあります。
▲topへ

【最後に】


 目は、「見る」ことにより多くの情報を手に入れる重要な器官です。しかしながら、涙が少なくなることによりさまざまな症状があらわれ、快適にものを見ることができなくなります。もし、少しでもあなたにあてはまることがあれば、一度限科を受診してみてはいかがでしょうか。

▲topへ
※このホームページは視力の弱い方のために
若干大きめの字体で作成してあります。ご了承下さい。
Copyright(C) 2004 Jutokukai All Rights Reserved.