緑内障

HOME

施設案内
よくある症状
緑内症
眼精疲労
眼瞼下垂
スタッフ紹介


眼科美浜クリニック
海浜幕張眼科
佐倉整形外科病院眼科診療部
眼科トップ
樹徳会トップ



 
 

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病因の一つと言われています。

緑内障は、一般的には「あおぞこひ」と言われ、眼圧(目の中の圧力)の上昇などを理由に視神経(見たものを脳に伝える神経)が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

眼圧は21mmHg程度までが正常とされます。
眼圧は眼の中へ造られる水の量と、眼の外へ出てゆく水の量との差で決まります。
   

一般的に緑内障では、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。放置すると、失明に至ります。

したがって、早期に発見し適切な治療を受ける必要があります。

我が国や欧米では、緑内障は失明原因の第3位以内に入っています。
急性の緑内障では、急激に眼庄が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。

時間が経つほど治りにくくなるので、このような急性閉塞隅角緑内障の発作がおきた場合は、すぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。


初期

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができます。
自分自身で異常に気づくことはありません。
中期
暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。
しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気づかないことが多いようです。
後期
視野(見える範囲)はさらに狭く在り視力も悪くなって、日常生活にも支障を来すようになります。さらに放置すると失明に至ります。

 

1988~1989年に行われた全国規模の調査によれば、40才以上の緑内障の有病率(患者の割合)は3.56%と報告され、実に30人に1人は緑内障であることが分かりました。したがって、日本国内に200万人余りの緑内障患者がいると考えられます。

しかし、実際に治療を受けている患者は40万人程度と非常に少なく、およそ160万人の方は、自分が緑内障であることに気づかずにいます。

  • 緑内障は潜在患者が多い病気です。
  • 失明を予防するためには、早期発見、早期治療が重要です。
  • 40才になったら、一度眼科医の受診を考えられてはいかがでしょうか?

 多くの場合、自覚症状がない緑内障に対して、最も重要なことは早期発見・早期治療です。一度障害された視神経をもとにもどす方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

 

 
 
Copyright(c)2008 JUTOKUKAI All Right Reserved