よくある症状

HOME

施設案内
よくある症状
緑内症
眼精疲労
眼瞼下垂
スタッフ紹介


眼科美浜クリニック
海浜幕張眼科
佐倉整形外科病院眼科診療部
眼科トップ
樹徳会トップ



 
 


人の目には、まぶたと涙があります。「まぶた」によるまばたきは、黒目(角膜)や白目(結膜)の表面に涙を均一に分布させ、ゴミなどを流し去る働きをもっています。

ドライアイは、涙液の減少あるいは質的な変化により、眼の表面に障害を生じる疾患です。涙が足りないと涙の役割が低下するので、眼は乾いて傷つきやすい状態となり、重症になると眼の表面に「無数の傷」がついている場合もあります。

  • その結果
  • 目が痛くなったり
  • 疲れたり
  • まばたきがふえたり
  • 白目が充血したりすることになります。

ドライアイとは、涙が不足したり成分が変化して、質が悪くなることによって、眼の表面に障害が生じる状態をいいます。涙はまばたきによって網目状の薄い膜となり、いつも眼の表面を覆って乾燥あるいはゴミや細菌などから眼を守っています。

しかし、ドライアイになると涙液が異常になるために、眼の表面を十分に保護できなくなり、眼が乾くのです。涙が不足したり質が悪くなる原因には、眼の病気やある種の薬の影響があげられますが、健康な人でも年齢と共に涙は少なくなりますし、夜間やストレスが高い時も少なくなります。

一方、涙は十分にあっても、まばたきが少なかったり部屋が乾燥しているとドライアイになりやすく、また、コンタクトレンズやアレルギー性結膜炎は、ドライアイと深く関係していると言われています。

 

全身の病気の一症状としてドライアイを起こしてくることがあります。その代表的なものとして、シェーグレン症候群という病気があります。これは、涙を分泌している涙腺が徐々に破壊されて涙の分泌量が減少する病気です。

また、涙腺だけでなく睡液腺(つばが作られる器官)も破壊されるので唾液(つば)の分泌が低下し、パンなどを食べる時に、水分が必要になることもあります。

そのほか、慢性関節リウマチや膠原病に合併してくることもあります。 また、糖尿病もドライアイを引き起こす病気の1つです。精神安定剤やその他のさまざまな薬によっても涙の量が減ることがあります。

そして 、目薬の種類や点眼回数によってドライアイが起こることもあります。新しい薬を飲み始めたり、新しい目薬をさし始めてから、目が乾く・疲れるなどの症状が出た時には、一度 主治医の先生に相談してみることも必要でしょう。

 



現代社会において、パソコン使用しての仕事は今や不可欠なものとなりました。

長時間画面を見続けることにより、目が乾いたり、疲れたり、ピントが合わなくなったりと目の酷使による疲労が増えています。

このような症状を一般的に「眼精疲労」と呼ばれています。いわば現代病のひとつだと言われています。勿論仕事だけでなく、プライベートでも目を酷使することが増えているのも原因となっています。

眼精疲労はよく疲れ目と勘違いしやすいのですが、一言で言えば疲れ目は一晩十分睡眠をとれば回復します。

しかし、眼精疲労は慢性化してしまいますので、十分な睡眠をとって朝を迎え回復したと思っていても、すぐに疲れやすくなることがあります。

このような症状が起きた場合は間違いなく眼精疲労なので、なるべく早く来院することをお勧めします。

眼精疲労が目の病気ではあるが、放っておくと身体にも影響を及ぼすことがあります。代表的なものだと「肩こり」です。

現代人であれば、誰にでも起こりうる病気でもある。「肩こり」が重度の症状になると「吐き気」や「頭痛」がしてきて集中できなくなります。

眼精疲労を予防するために下記のことに気をつけましょう。

  • 1時間ごとに10分は目を休ませましょう。
  • デスクに向かう姿勢を正しくしましょう。
  • 椅子や机の高さを自分のサイズに合わせましょう。
  • パソコン画面も40cm以上は離しましょう。

 

 
 
Copyright(c)2008 JUTOKUKAI All Right Reserved